お豆腐で『とうふ餅』を作ってみた

LINEで送る
Pocket

毎度〜、ライターの蛭田です。
オトコ豆腐料理シリーズ第二段として、簡単に作れるとうふ餅を作ってみました。
正月もとっくに過ぎたというのに、餅です。
餅といってもチヂミ風餅…いや、餅風チヂミ。
どっちでもいいですが、とにかくタイトルを餅にしたのでモチでいきます。

前置きが長くなりましたが、今回作ったのは以下のとおり。(画像の左から順に)

  • 小口ねぎとじゃこのとうふ餅
  • にんじんのとうふ餅
  • 小口ねぎとじゃことおからのとうふ餅
  • ほうれん草とじゃこのとうふ餅
豆腐でつくるチヂミ
まずはベーシックな「小口ねぎとじゃこのとうふ餅」です。
材料は以下のとおり。

材 料(3人前分)

染野屋の『にがりきぬごし』 1丁(300g)
片栗粉 45cc
ちりめんじゃこ 大さじ3〜4杯分くらい
小口ねぎ 7〜8本(小口で切る)
ごま油 適量
少々

作り方

  1. 豆腐と片栗粉をよくまぜる
  2. 『(1)』に、小口ネギをきざんだものとちりめんじゃこ、塩をふってまぜる
  3. フライパンにごま油をひき『(2)』をスプーンでパンケーキを焼く要領で広げる
  4. 焦げ目がうっすらついたら返して焼いてできあがりです。

食べ方はかつお節をふりかけてポン酢や醤油、マヨネーズがっつりがオススメですが、『チヂミのたれ』で検索するとレシピがたくさん見つかります。
全体的にシンプルな味なので、自家製のたれを何種類か作ってアツアツのうちに食べるのがいいと思います。


左から二番目の「にんじんのとうふ餅」について…


彩りがほしいので作ってみました。
食べたときの風味は、にんじんをピーラーで皮むきしている時の雑草をこすったようなすがすがしい香りがさわやかに鼻をかけぬけます…
味は…特にありません。
あとで気づいたのですが、ニンジンはおろしたものでなく、ボイルしたものを塩こしょうしてつぶした方が雑草くさくないようです。
なにぶんオトコ料理なので、お料理セオリー的なものはぶっ飛ばしています。
この辺の詳しいことは料理上手な奥様方におまかせいたします。ふだんお料理される方なら間違いなくおいしく作れます。
よくよく考えると、社内でも料理がめちゃくちゃ上手いわけでもない僕がなぜお料理レシピを書いているのか不思議、ということに今気づきました。


おまけ餅


おまけとして何も入れないとうふ餅(プレーン)であんこをはさんだものを作ってみました。

あんこ入りの豆腐餅
非常に言いにくいのですが、今回作った中でどれが一番おいしいかと問われたらプレーンなとうふ餅にあんこを挟んだ「あんこ入りとうふ餅」を選びます。
(料理の未熟さ故です)
アツアツのあんこ入りとうふ餅にバニラアイスを添えたらどんなにおいしいだろうかと想像して実践しようとしましたが、働く気力を失いそうなので、それは試食せずに終わりました。

チヂミにもなり、スウィーツにもなるとうふ餅。ぜひ皆さんもお試しを!




LINEで送る
Pocket